近年の健康ブームで“食”に関しても、関心が高まっています。

昔から健康食としても人気の「玄米」ですが、特有のニオイやぬかの部分が硬くて食べにくかったりと、

白米に慣れている方では、少し食べにくさを感じている方も多いのではないでしょうか?

玄米の高い栄養価はもちろんの事、うま味も強くて柔らかくて食べやすい「発芽玄米」の人気が高まってきました

しかし、発芽玄米を調理するには手間と時間が凄くかかります

そこでオススメは簡単に発芽玄米がおいしく炊ける、ごはんソムリエが選んだ

くりやの発芽玄米炊飯器・COCKOO―クックーツインプレッシャーIH

引用:くりやの発芽玄米炊飯器サイトより

くりやの発芽玄米炊飯器のお申し込みはこちらから

COCKOOはこんな方におススメです

  • 食生活を変えたい
  • 健康を意識しだした
  • 体力に自信がなくなってきた
  • 最近、運動不足・・・
  • なんだかスッキリしない
  • 発芽玄米を手軽に美味しく食べたい

このストレスの多い社会の中で、健康を意識しだしたり運動不足だったりで体調が不安定な方など、

毎日の食事、それも主食から見直してはどうでしょうか?

引用:くりやの発芽玄米炊飯器サイトより

発芽玄米とは?

玄米をわずかに発酵させたもので、発芽する時に眠っていた様々な酵素が活性化して、

胚乳に貯蔵されているデンプンやタンパク質が分解されて、甘味や旨味が増します。

また普通の玄米より消化が良くて体への負担を少なくしながら、玄米のメリットを効率よく取り入れる事が可能と言われています。

健康のためとは言え、玄米から発芽玄米を作るのにはすごく手間がかかるので、毎日では面倒ですよね!!

引用:マイナビ農業公式HPより

くりやの発芽玄米炊飯器「COCKOO」なら、この手間と炊飯を簡単な操作で終わりです。

 

くりやの発芽玄米炊飯器(COCKOO)はここがスゴイ!!

引用:くりやの発芽玄米炊飯器サイトより

ごはんソムリエが本気で選んだ発芽酵素玄米炊飯器 は、

「玄米」を自動で発芽させ炊飯できる画期的な炊飯器 ・手間と時間がかかる「発芽玄米ごはん」が、

最短5時間でどなたにでも簡単に炊くことができます。

引用:くりやの発芽玄米炊飯器サイトより

高温加熱で「白米ごはん」は勿論、「玄米ごはん」の炊きあがりも「ふっくら」「やわらか」に仕上がります。

一台で 高圧/無圧を切り替えられる「ツインプレッシャー」機能搭載。

ふっくらもちもちに炊き上げる高圧炊飯と、柔らかく うまみを引き上げる無圧炊飯を、

ダイヤル1つで切り替えられるようになりました。

引用:くりやの発芽玄米炊飯器サイトより

クック社独自で開発された炊飯技術は、食卓に美味しさをお届けします。

今話題の「発芽酵素玄米」「寝かせ玄米」を誰でも簡単においしく召し上がれます。

引用:くりやの発芽玄米炊飯器サイトより

くりやの発芽玄米炊飯器のお申し込みはこちらから

発芽玄米のここがスゴイ!

引用:マイナビ農業公式HPより

玄米は「ビタミンB群」「GABA」「食物繊維」など健康に良い成分が豊富だと言われていますが、

ぬかの部分が硬くて、特有のニオイが気になるというデメリットがありました。

玄米のデメリットを解消したのが発芽玄米で、摂取できる成分も豊富でありながら、

白米と同様のうま味を持っています。

引用:マイナビ農業公式HPより

発芽玄米はGI値が低い食品です。

GIとは

Glycemic Index(グリセリック・インデックス)の略で、体内で糖に変化する時の血糖値の上昇スピードを計った値のこと

GI値の低い食品は、GI値が高い食品に比べて、食後の糖の吸収や血糖値の上昇が穏やかであるという特徴があります。

そのため食後に眠くなりにくいのです。

炭水化物は、基本的にGI値が高いのでダイエットの天敵とされていますが、

GI値の低い発芽玄米に含まれる糖(デンプン)は吸収されるスピードがゆっくりなので、

食パンや白米に比べると腹持ちが良くて,ダイエット中にも食べやすい食品です。

引用:マイナビ農業公式HPより

ビタミンB群によるメリット

発芽玄米は白米と比較すると、豊富なビタミンB群を摂取できる食材です。

ビタミンB群は体内で炭水化物をエネルギーに変える作用を促す重要な栄養素で、

ビタミンB群が不足するとエネルギー生成の働きが不十分になりやすいのです。

発芽玄米を食べる事でビタミンB群が摂取出来て体調を整えられます。

GABAによるメリット

発芽玄米にはGABAも豊富に含まれています。

食事制限を伴うダイエットでは、空腹感でイライラすることもあるかと思います。

白米よりも低いGI値の発芽玄米はダイエットを考えている方にもおススメの食品です。

食物繊維によるメリット

発芽玄米のぬか層には、白米の約5倍の食物繊維が含まれています。

玄米食に変更することで食物繊維の主なメリットである「お通じ」のサポートが期待できて、

健康的な身体づくりのサポートも期待できます。

発芽玄米を一言で言えば「玄米と白米の良いとこ取り」の食品と言えます。

くりやの発芽玄米炊飯器のお申し込みはこちらから

発芽玄米の悪い噂は本当?

インターネット上で「発芽玄米」で検索してみると

  • 農薬が残っているらしい
  • 消化が良くない

など、間違った情報が流れていますが、安心してください。

これらの情報が流れている理由と正しい知識は

農薬が残っている?について

玄米や発芽玄米には農薬が残っているために危険だという情報は間違った認識です。

これは、農薬が「親油性」であるために、脂質を多く含むぬか部分まで食べる玄米や発芽玄米の場合、

白米よりも危険性があると間違った認識からこのような疑問が上がるようになりました。

しかし、日本で流通しているお米は基本的に玄米の時点から厳しい安全基準をクリアーしているので、

市販のお米を購入するのであれば心配はありません。

残留農薬の規定値は農薬の種類によって違いますが、

基準値の量の農薬を毎日摂取しても安全な量に設定されているので問題ありません。

市販されているお米は抜きとり調査をしていて、基準値を超えた場合には流通しないような仕組みになっています。

消化が良くない?

玄米は食物繊維が多いので、

小さな子どもや高齢者の方・胃腸の弱い方には消化不良を起こす可能性があるという見解もあります。

玄米の場合は、消化を助けるために嚙む回数を意識して増やしたりする調整が必要な場合もありますが、

発芽玄米は食物繊維を多く含んだぬかの部分が柔らかく、

消化しやすいため白米と同じような食べ方でも問題はありません。

しかし、白米よりも食べ応えがある食感なので、自然と噛む回数が増える方も多いと思いますが、

気になる方は「白米に混ぜる」「柔らかめに炊く」「少ない量から始める」など工夫してみてはどうでしょうか?

引用:くりやの発芽玄米炊飯器サイトより

くりやでは厳選米も用意しています。

ご購入して頂ければ、今だけ特典として

  • くりやの玄米(2㎏)×3袋
  • 小豆(500g)×1袋
  • 塩(500g)×1袋

の、お得な「玄米キット」をプレゼント中です。

くりやの発芽玄米炊飯器のお申し込みはこちらから

© 2021 ごはんソムリエ推進!発芽玄米炊飯器 Powered by AFFINGER5